HOME>オススメ情報>標準値を無視する傾向から痩せすぎが多くなっている

無理は禁物と考えること

女性

外国人から見た日本の若い女性は痩せすぎと感じるようですが、それでもまだまだ痩せたいと考えている人は相当いると思われます。その原因には相変わらずダイエットブームが続いている上に、痩せることを競うような習慣も見えていることが考えられます。ダイエット本来の言葉は、健康や美容を目的として健康的な食事をすることなのですが、痩せるためだけに行う食事制限や運動はダイエットと呼ばないと知っておきましょう。ダイエットはあくまで、適正な体重確保をするために行う食事管理や運動を行うことと理解しましょう。リバウンドしないダイエット法として無理をしないことが一番で、規則正しい生活環境を作ることや適切な栄養分の摂取と適度の運動を行うことになります。無理な減量や無理な運動は避け、適度な食事制限と適度な運動を持続することが重要です。ダイエットを行うには、無理は禁物と考えるべきです。

痩せすぎが多すぎる

ダイエット女性

日本人の多くがダイエットに失敗する例として、無理な食事制限とか無理な運動をしてしまい、長続きしないことが考えられます。また標準以下の体重を目指す女性も多く、健康的なダイエットになっていないケースも多く見られます。自分の適正な体重を知り、無理のない長続きが出来る食事制限や運動を行うことが、最良の方法になって来ます。自分の身長から適正な体重を知ることが出来、身長(m)×身長(m)×22=適正体重となりますので、計算してみましょう。170㎝の人ならば1.7×1.7×22=63.58になり、160㎝の人であれば1.6×1.6×22=56.32となります。この数字を見た段階で多くの人は、太りすぎと答えると思われるほど、日本女性は痩せすぎていると知りましょう。リバウンドしないダイエットは、無理をしないことが一番です。